男性が包茎手術を受ける理由にはどのようなものがあるのか?

男性にとって包茎であるというのはかなりデリケートな問題。だからこそ誰にも相談できなくて悩んでいるという方はとても多いです。
日本の場合には包茎の割合は6割から7割と言われていますが、海外では殆どいません。それは小さい内に包茎手術をしてしまうからと言われていますが、実はそれだけが理由ではないのです。本来仮性包茎という概念はありません。そのため仮性包茎も含める日本では包茎の割合がとても多いのです。
男性としての尊厳を理由に包茎手術をするという方は多いですが、実は実利的な面も大きいのが包茎手術になります。人によっては包茎手術をしなければいけないという人もいます。

まずは自分の包茎の種類を知ろう

包茎は大きく分けて3つに分類することができます。それによって包茎手術が必要か否かが変わってくるのです。
一番多いのは仮性包茎になります。これは包皮を被っていても、引っ張れば簡単に亀頭を露出できる状態のことを指します。この状態であれば別段急いで包茎手術をしなければいけないということはありません。しかし亀頭と包皮の間は汚れが溜まりやすく、不衛生なのでできればした方が良いという程度になります。
病気のリスクも高いのが真性包茎です。これは完全に亀頭と包皮が癒着している状態で、引っ張っても亀頭を露出することができない状態になります。
通常であれば成長と共に亀頭と包皮が剥離していくことによって仮性包茎に移行するのですが、全く剥離しなかったケースです。包皮を切除する方法だけではなく、ステロイドを使って包皮の剥離を促す方法もあります。
最後がカントン包茎という特殊なものになります。カントン包茎は緊急性が高いもので、亀頭と包皮が剥離しているものの、包皮口が小さすぎて亀頭を露出させることができない状態。無理に露出させてしまうと、元に戻せなくなって包皮口が破れてしまう、ということもあります。決して無理をして引っ張らないようにしましょう。

包茎手術の方法はどんなものがあるの?

早急に包茎時手術をした方が良いのは真性包茎とカントン包茎の2つになります。包茎手術の方法も切除する方法と切除しない方法の2種類があるので、それぞれの状態に合わせて行う必要があります。
仮性包茎で亀頭を露出することができるのであれば、環状切除術が一般的です。亀頭を露出した状態で余った包皮を切除する方法になります。しかし切除するのは亀頭の下部よりも少し下の部分の余った包皮です。そして亀頭の張った部分の下に縫い合わせるのです。
真性包茎やカントン包茎の場合には背面切開術になります。先端をちょっと切って亀頭を出し、左右に引っ張って縫い合わせる方法です。
切除するのはちょっと怖い、というのであれば切らない方法も可能です。仮性包茎の場合にしか対応できませんが、切除するよりも見た目が良いので、場合によっては切らない方が良いでしょう。
それが亀頭にヒアルロン酸を注入する方法です。それによって包皮に埋没しないようにするのですが、恒久的な処置ではないので継続して施術する必要があります。
他にも体に埋まっているペニスを強制的に引き出す方法もあります。靭帯によって恥骨に繋げられているので、それを医療用の糸を使って引き剥がすのです。場合によっては医療用の糸を使わずに剥離させることができます。

包茎手術にかかる費用は?

手術を受ける場所によって値段は異なりますが、目安を押さえておくと判断基準の1つになります。まず値段が大きく変わる要因は包茎手術を受ける場所です。専門クリニックであれば仕上がりも重視しているため、見た目は綺麗に仕上がりますがその分高くなります。
それに対して泌尿器科は保険が適用される可能性があります。真性包茎とカントン包茎は病気のリスクも高いため保険が適用されて3割負担で済ませることができるのです。仮性包茎は保険適用外なので、全額負担になります。見た目は専門クリニックよりも落ちますが、安く済ませたいという人におすすめです。
切開する手術法は幾つかあり、方法によってかなり値段が違います。一般的な環状切開法であれば7万円から10万円の間が相場です。見た目にこだわるのであれば20万円以上かかることも。
切らない手術方法であれば5万円から10万円ほどですが、ヒアルロン酸注入だと一定期間後に元に戻ってしまいます。定着させる方法でやるとなると20万円は見ておかなければいけません。
場所や手術方法に応じてかなり値段が異なるので、複数のクリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。その上で決めた方が後悔せずに決めることができますよ。

まとめ

包茎手術自体は1時間程度で終わります。手術後は1時間から2時間ほど安静にしたら帰宅することができるので、すぐに終わらせることができます。その後1ヵ月は痛みや出血が続くので、かなりの勇気が必要です。
仮性包茎であれば病気のリスクは低いので包茎手術をしなければ、ということはありません。しかし真性包茎やカントン包茎は放っておけば陰茎癌の原因や性病感染の温床になったり、性行為自体が難しくなったりとリスクが高い状態になってしまいます。自分の予算や仕上がり、信頼性等を考慮して受けるクリニックを決めるようにしましょう。