包茎手術が自費治療になる人と保険適用になる人の分かれ目

包茎手術が自費治療となるか保険適用になるか見極め方

包茎手術を受ける際に自費治療となるのは、手でむける仮性包茎の方です。保険適用されるのはあくまで病気を治療するために使用できるものなので、仮性包茎の場合、病気と認められず、どこで治療をしたとしても自費治療となってしまいます。一般の泌尿器科の病院だと治療する必要がないと断られるケースもあります。
かといって、仮性包茎じゃない真性包茎や嵌頓包茎の方ならどこの病院でも保険適用で包茎手術を受けられるかというとそうではないのです。病院の中でも保険適用ができるところで包茎手術を受けなければ、どのタイプの方でも自費治療になります。美容外科系の病院は健康保険を取り扱う申請をしていない場合が多く、当然包茎手術を自費治療で受けなければいけなくなってしまいます。
手術を自費治療しかやってくれないところか保険適用で、包茎手術をしてくれないところはホームページを確認すると当院は健康保険が使用できませんと注意書きが描いてあるのでそれを見る事をお勧めします。

保険治療のデメリットと自費治療のメリット

保険適用となる真性包茎や嵌頓包茎の方は、保険治療を選ぶ事が出来ます。ただし、手術法に縛りがあるという事が欠点です。保険適用の包茎手術を受ける場合、手術は古い手術方法に限定されてしまい、環状切開法のみとなります。環状切開法のデメリットは傷跡が見える、色が分かれてツートンカラーの様な状態になるなどのデメリットがあります。
自費治療で包茎手術を受けると、当然費用は保険適用よりも費用は高くなりますが、その分手術法に縛りがないので、傷跡を綺麗に直したり自然な仕上がりにするための手術方法を選ぶ事ができます。より自然な仕上がりを目指す亀頭直下法などの新しい術式も選べ、傷跡も目立たない綺麗で自然な仕上がりが可能です。
また、病院を選ぶ事もないため、どこの病院でも包茎手術が受けられるという事もメリットと言えます。選ぶ病院の幅が広いため、実際に治療した実例などを見ながら病院を決める事も出来るのでより良いと思ったところで包茎手術を受けられます。

まとめ

もし、保険適用で包茎手術を受ける場合、仮性包茎以外の真性包茎や嵌頓包茎でなければいけないのと、保険適用が出来る病院を選ばなければいけません、美容外科系の病院だと保険適用で包茎手術が出来るところはあまりなく、ホームページに当院は健康保険が使用できませんと書いてあるのでホームページをチェックする事が大切です。
但し、保険適用となると手術法に縛りがあり、環状切開法という治療法に限定されてしまい、傷が残ってしまうなどのデメリットがあります。自費治療なら手術法も選べて病院も選べるというメリットがあります。